いい会社って結局、雇用主=社長の人柄なんだよね

つい最近、私はそれまで長く勤めた会社を辞めて転職を経験しました。一応10年ほど勤務した所だったので、人並みに恩義も感じていましたし、愛着もありましたが、それを打ち消して余りある出来事=社内人事があったのです。
それは、ずっと社長を務めていた方が、自分の息子を代表取締役に据えてしまったこと。そしてこの息子というのが、とんでもない世間知らずのいわゆるドラ息子で、自分の意に従わない社員は、全て左遷してしまったのです。

履歴書テンプレートの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

私もこのドラ息子とは前から面識こそあったものの、その強引でファミリー企業根性丸出しの独裁者的な性格が好きになれませんでした。前の社長は苦労して会社を作ってきた方だったので、色々な気配りが出来て、人の意見もきちんと聞く方で、それ故に社員からの信頼もあったのですが、ドラ息子はその正反対でしかもやり方が強引。これでは多くの人がついていきません。



結局、私も社長が変わって早々に転職することになりました。気分転換に友人たちと飲んだ時、この話題が出たのですが、その際に誰がが言った「いい会社って結局、雇用主=社長の人柄なんだよね」というセリフが、今回の事の顛末を全て表しているなぁと感じています。

最新「有給休暇取得率」トップ300 | ランキング | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

前の社長も社員にしていた気配りを、自分の息子にも向けていたら、こんな社員の半分が抜けてしまう事態にはならなかったのになと思う今日この頃です。