車を購入した時のディーラーの人が今の夫です

大感謝祭と銘打って、カーディーラーからイベントのお知らせが届きました。このようなダイレクトメール、車検のお知らせやリコール情報など、いつも送ってくれるディーラーの担当者は、夫の前の職場の後輩です。そう、車を購入した時のディーラーの人が、私の今の夫なのです。

廃車

私は小さい頃に父親を病気で亡くし、母親と二人三脚で生きてきました。社会人になり初めて頂いたボーナスを、全額母親にプレゼントしようとしたところ、それを頭金にして自動車を購入しようと母に言われたのです。女2人で何の知識もなく、歩いていける距離にあった1番最寄りのカーディーラーを訪ね、そこで対応してくれたのが、今の夫です。彼は私たち母娘に大変優しく、本当に親身になって相談に乗ってくれました。車の購入には、車の価格の他、税金や諸費用がかかってくることさえ私たちは知らず、自動車保険やローンの組み方についても全く無知でした。そんな私たちに、兄のように、息子のように丁寧に説明してくれ、契約から納車まで、全て彼が責任を持ってやってくれました。

SARD・製品情報・フューエルポンプ

納車の際は、わざわざ彼がうちまで車を届けてくれたのですが、その際に車のことで何か相談があったらと、メールアドレスを渡されたのです。今思えば、納車の時には、お互いに好意を抱いていたと思います。購入してしまったら、もう車についての相談なんてなかったのですが、私は彼との関わりが終わってしまうのが嫌で、お世話になったお礼のメールを、教えてもらったメールアドレスにしてみたところ、彼も返事をくれたという次第です。

山形クラッチ株式会社-世界にはばたくメイドイン山形[Y+M]

彼はその後、家業を継ぐため退社したのですが、私との結婚後は、車のメンテナンスは彼の後輩にお任せしています。